椅子生地・椅子の張替えするなら椅子の張り地.COM -本革(天然皮革) の張り地-

isunohariji.com

選べる3000種類。だから、きっと見つかる。
  • MORE MENU
  • 椅子生地の種類
  • 椅子生地のランクについて
  • 椅子生地の機能性について
  • 椅子生地のお手入れについて
  • ウレタンフォームについて
  • 椅子生地張替えDIY
  • 張替えMOVIE
  • 本革(天然皮革)の張り地
  • 納入事例
  • よくある質問
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

本革

張替えに適した本革生地のご紹介

天然皮革 圧倒的な存在感

ファシルカーフⅡ - FACIL CARF 2 -シンコー

妥協をしない厳選した素材からのみ生み出される高級感

特徴

生地

「丸革」を採用しています。
家具用天然皮革の多くは半皮と言われる牛の半頭分のサイズの物が殆どですが「ファシルカーフⅡ」は妥協する事無く、牛1頭分の丸革で、他にはない高級感を実現。
使用している革の種類はステア※になります。

詳細

従来のファシルカーフに比べて、よりしなやかなタッチに仕上げました。素材の良さをそのままに。絞(しぼ)と呼ばれる本革の表面に施される「型押し」も必要最低限のシンプルなタイプを選びました。素材の良い物はそのままで良い。風合いがソフトになった事により、座り心地は勿論、張り易さもプラスされました。

※ステア・・・
生後2年以上の去勢された雄牛のことで厚みが安定しており柔らかくて丈夫なのが特徴です。
        家具用の天然皮革はほとんどこの種類が使用されています。

丸革とは? - WHAT’S a ROUND LEATHER -

丸革」とは牛一頭分のサイズの本革のことです。
一般的には「大きな革を加工できる比較工場が少ない」「大きなサイズだと品質にばらつきが出てしまう」 「加工前の原皮に傷や怪我の跡が多すぎては丸革は取れない」などの理由から家具用天然皮革の多くは半皮 と言われる牛の半頭分のサイズのものがほとんどです。
でも「ファシルカーフⅡ」は妥協することなく厳選した素材のみから取れる貴重な原皮を使用し、
他にはない高級感を実現しました。

■ファシルカーフで採用されている丸革
(牛1頭分)

サイズ 約350デシ

■一般的な革商品で採用されている半皮
(牛半頭分)

サイズ 約175デシ

本革の単位 - UNIT of LEATHER -

本革(天然皮革)は布地や合皮とは違い、1枚1枚大きさが異なるため生地幅など布地や合皮で使用する単位で計れません。通常、革一枚当たりの面積で大きさを測りますが、その単位は大きく分けて2つあり、日本ではdeci(デシ)※という単位で計算されます。deci(デシ)は10cm×10cm四方の正方形を1deci(デシ)と計算し、「ファシルカーフⅡ」のような丸革(牛1頭分)になると、おおよそ350deciというサイズになります。
※海外ではsq/ft(スクエアフィート)という単位が用いられます。1sq/ftは、30.48㎝×30.48㎝ 四方の正方形の面積です。

1deci

3タイプの張り方

本革の張り方には3タイプございます。仕上がり・価格が違いますので、お客様に合ったタイプをお選びください

ボーズ張り(~1000mmまで)¥8,505(1001mm~1200mmまで)¥9,450(1201mm~1400mmまで)¥10,290 剥ぎ合わせステッチ入り(~1000mmまで)¥11,300(1001mm~1200mmまで)¥12,180(1201mm~1400mmまで)¥13,020 マチツキステッチ入り(~1000mmまで)¥13.860(1001mm~1200mmまで)¥14,700(1201mm~1400mmまで)¥15,540
本革張り事例 経年変化をお楽しみください

ファシルカーフⅡ (10色展開)

  • FC2-70

    FC2-70

  • FC2-08

    FC2-08

  • FC2-71

    FC2-71

  • FC2-67

    FC2-67

  • FC2-24

    FC2-24

  • FC2-72

    FC2-72

  • FC2-73

    FC2-73

  • FC2-74

    FC2-74

  • FC2-75

    FC2-75

  • FC2-25

    FC2-25

ファシルカーフⅡの商品ページに行く >

  • カレンダー

ページトップへ戻る